寝不足が続く・・・そんな悩みを解決する方法

毎日のつらい寝不足にさらば!

 

いつも朝起きるときに体がダルい、日中に絶対眠くなる、こんな悩みって一度は経験したことがあるはずです。
その中でもだるさが尋常じゃない人、眠すぎて仕事が手につかないレベルの人はかなり重症。
今すぐ睡眠を改善していかなければ普段の生活にもっともっと大きい支障が出かねません。

 

ということでここではその解決方法になるような情報をお届けしていきます。
寝具を買い替えるとか結構やり方はあるんですが、できるだけお金をかけない方向で攻めていきます。
悩んでる人はぜひ参考にしてください!

 

寝不足とは

その方法は左の各項目で説明していくとしてここでは寝不足とは何なのかというのをまずは解説。
寝不足は読んでそのまま睡眠が足りない状態のこと。
現代人なら多かれ少なかれこの状態だと思います。

 

それが進行したり蓄積すると見てわかるような症状が出始めるんです。
症状があらわれる原因としては睡眠が持ってる役割が失われるからなんです。
疲れをとる、というのがメインの効果ではあるんですがそのほかにもいろんな役割を睡眠は持ってるんですね。
例えば、

 

  • 昼間に見たものを記憶する
  • 高ぶった精神を落ち着かせる
  • 成長ホルモンを出す
  • 心が休まる

 

このようなものです。
睡眠が足りない、寝不足であるということは成長ホルモンが出ず、心も休まらないような状態だということ。
こう書くと結構危ない感じがしますよね。

 

頭の回転が悪くなる

まず寝不足に陥ると出てくる症状がこれ。
上にも書いてありますが記憶することが出てないので脳の容量がパンパンになってるんです。
具体的には記憶力がなくなるという症状。

 

学校での勉強、人との会話、聞いてはいるんだけど全然頭の中に入ってこなくなります。
疲労が回復できないので100パーセントの働きができなくなるんです。

 

また、考える力も鈍ります。
簡単な計算ができなかったり、やろうとしてもまさに頭が回らないというか、本当に考えられなくなります。
よく受験勉強で徹夜で、一夜漬けで、とか言いますがある時間を過ぎて眠気に襲われるようになると勉強の質がすごい悪くなるんです。
寝不足でやり続けても効果は薄いんですね。

 

疲れ方が以上

頭だけでなく体の中にも疲れの物質はたまっていきます。
寝てる間にリラックスして回復してるところができないということです。

 

なので昼間にその疲れが限界を超えて襲ってくることがあるんです。
それが寝不足特有の疲れ。
疲れとともに眠気も襲うことがよくあるパターンですね。

 

私自身も仕事中によくこの疲れに襲われました。
朝起きてバタバタしながら仕事場につき、最初のほうは眠気もそれほどないんです。
でも10時ころでしょうか、この時間になるとどっと疲れがやってくるんですね。

 

トイレに行ってちょっと仮眠をとったことも何度かありました
普通の疲れとは明らかに違った質の疲れなのでかなりきついです。

 

こんな疲れや眠気を経験したことがある人は要注意です。
もうすでに寝不足のデメリットは出てきていますよ。

 

ここまで見て

ここまで見てきてあなたの悩みは寝不足っぽい感じはするでしょうか。
寝不足であればこのサイトに書いてあることを実行すれば軽減はできます。

 

少しずつ試していきましょう。